輪島白米千枚田 あぜのきらめき  

輪島白米千枚田 あぜのきらめき  

2014-05-30 14:28:42.482

平成29年3月25日(土)ロウソクで千枚田のあぜを灯す「あぜの万燈」が復活します!この日は能登半島地震発生から10年の節目の日。復興支援に対する感謝と、今なお大変な思いをされている全国の被災者へエールを届けます。

1月2日:アマメハギ

1月2日:アマメハギ

2014-05-30 14:24:55.729

アマメとは、囲炉裏の傍で座ってばかりいるとできる座りだこのことです。天狗や猿の面をつけた一行が、「怠け者はおらんか~」と家々を回り、子どもの怠け癖を戒める奇祭です。

(お問い合わせ先)
門前総合支所 地域振興課 電話0768-42-8720

1月7日:成り祝い式

1月7日:成り祝い式

2014-05-30 14:24:26.525

重蔵神社で鎌倉時代から続いているといわれる新年の厄払い行事。
この神事は、数え年で男42歳、女33歳にあたる氏子が出席する。
両手に持った柳の枝をバシバシと勢い良く打ち鳴らし、家内安全や健康などを願う。
床が「鳴る」と「成る」をかけてあり、叩く音が大きいほど願い事がかない、また、枝の先が稲穂のように裂ければ豊作になるといわれている。
(お問い合わせ先) 
 重蔵神社  電話0768-22-0695

1月14日・20日:面様年頭

1月14日・20日:面様年頭

2014-05-30 14:23:57.752

これは、輪島崎町に古くから伝わる新年の行事です。1月14日(おいで面様)と1月20日(お帰り面様)の2回行なわれます。これは、輪島前神社の氏子の各家々の厄除けの神事です。

(お問い合わせ先) 
  輪島前神社 0768-22-0871

2月12日・2月25日 :万歳楽土(マンザイロクト)

2月12日・2月25日 :万歳楽土(マンザイロクト)

2014-05-30 14:22:00.606

袴姿の舞人と参拝者がともに独特の節回しで「万歳楽土」と唱え、豊作を祈願します。県の無形民俗文化財に指定されている素朴な神事です。

(お問い合わせ先)
門前総合支所 商工観光課 電話0768-42-8721  有線8741

2月15日~3月15日:犬の子まき

2月15日~3月15日:犬の子まき

2014-05-30 14:21:27.468

曹洞宗の寺院では、お釈迦様が亡くなったこの日、遺徳を偲ぶ法要とともに涅槃団子「犬の子」まきが行なわれる。
これは、釈迦の臨終に駆けつけた十二支の内、作り易い「犬」や「鳥」などを米の粉で団子を作り、赤や青の彩色で目、鼻などを描いて仏前に供え法要後その団子をまく行事。
この「犬の子」は、魔よけになるとして、小袋に納めてお守り代わりにする人も多い。

(お問い合わせ先) 
  輪島市観光課 0768-23-1146
  門前総合支所 0768-42-8720

2月16日:もっそう飯

2月16日:もっそう飯

2014-05-30 14:20:42.986

この伝統行事は、加賀藩の時代に厳しい年貢の取立てに苦しんだ農民が、役人の目を盗んで隠し田をつくり、年に一度、腹いっぱい白飯を食べたことに始まります。
現在は、約3合ほどご飯をお椀に盛り付けますが、以前は8合ものご飯を盛っていて、それを全部食べた人もいたとか!!
 「もっそう」とは、ご飯を盛り上げるために使う型のことです。
 

(お問い合わせ先) 
輪島市 観光課  電話0768-23-1146 

3月25日(土)~26日(日) 能登雪割草まつり・門前そばの市

3月25日(土)~26日(日) 能登雪割草まつり・門前そばの市

2014-05-30 14:03:35.174

「のと猿山雪割草のみち」を散策したり、門前町総持寺通りを会場に雪割草の展示や即売会を行うイベントです。早春の息吹を感じることができます。

3月1日~7日:如月祭

3月1日~7日:如月祭

2014-05-30 14:01:12.673

河井町の古当組(数え年で48、49歳)によって行われる珍しい祭りです。この祭りがいつから始まったたかは不明ですが、重蔵神社の文献によれば文明8年ころすでに行われていた神事であると思われます。
その昔、この地方の草分時代、大国主命が国土平定のため巡国されたおりに、毎年、その地方の良民を苦しめ、田畑を荒らす悪者がいたので、これを退治したと伝えられています。

如月祭は、その名のとおり2月に行われたものだったが、明治以後は1ヶ月遅れの3月に行われています。

2月15日~3月15日:犬の子まき

2月15日~3月15日:犬の子まき

2014-05-30 13:55:39.564

曹洞宗の寺院では、お釈迦様が亡くなったこの日、遺徳を偲ぶ法要とともに涅槃団子「犬の子」まきが行なわれる。これは、釈迦の臨終に駆けつけた十二支の内、作り易い「犬」や「鳥」などを米の粉で団子を作り、赤や青の彩色で目、鼻などを描いて仏前に供え法要後その団子をまく行事。

この「犬の子」は、魔よけになるとして、小袋に納めてお守り代わりにする人も多い。

■実施日と場所
2月15日:蓮江寺(河井町 0768-22-0638)
3月 6日:芳春院(門前町 0768-42-0481)
3月10日:總持寺祖院(門前町 0768-42-0005)
3月13日:興禅寺(門前町 0768-42-3066)
3月15日:覚皇院(門前町 0768-42-0590)

(お問い合わせ先)
輪島市観光課 0768-23-1146
門前総合支所 0768-42-8720

輪島市観光協会
〒928-0001 石川県輪島市河井町20-1-131
TEL 0768-22-1503/FAX 0768-22-0136